錦糸町スパンキング風俗とある体験

私は今までソープランドを含め、様々な風俗を体験したことがある。
今回はその経験の中から、錦糸町の風俗のプレイ経験を書こうと思う。

それはやや肌寒さを感じる11月のこと。
毎日のように仕事をしていた私の財布の中には、風俗店で遊べるだけのお金は入っていた。しかし女の子としゃべることが極端に少なかったので、人肌恋しい気持ちが胸に去来したものだ。
そんなとき選んだのは、
以前モデルのようにキレイな女の子と遊ぶことができた錦糸町の少し高級な風俗。
これまでなら手コキ風俗のような格安店を利用したかもしれないが、今日は高級店の気分だった。
その日指名しようと思ったのは、グラマーでスタイル抜群のギャル系美人。
実は前回、モデル系美女とどちらにしようか悩んだ末諦めた経緯がある。
そのため今回はその子を堪能しようと思ったのだ。
前回同様指定された錦糸町のホテルに入り、部屋番号を店の人に連絡。
期待と不安にかられながらも、軽くシャワーを浴び、
歯を磨きながら15分ほど部屋で待機する。
すると「コンコン」と小さなノック音が。それに反応し女の子を部屋の中に招き入れる。
外見は写真と遜色ないが、やや大人しい印象。元気弾けるというより、こちらに嫌な思いをさせないよう礼儀に気を遣っている印象を受けた。ここで私は錦糸町風俗のレベルの高さを改めて感じることができた。
その後お互いに服を脱ぎ、シャワールームへ。
すると持参したボディーローションでペニスを中心に、体全体を丁寧に洗ってくれる。
女の子が体を洗うのをベッドで待ち、シャワーから帰ってくるとともにプレイスタート。「どうしたい」と聞かれ、「攻めたい」と回答。
本来は女の子の方から攻めることも多いようだが、攻められるのが苦手で女の子が気持ち良くしている顔が好きな私は当然攻める。
横に寝転がってもらい、キスをしてから豊満な胸や秘部を舌や指を駆使し優しく責めていく。そうすると少しずつではあるが、女の子の体温が熱くなり声も漏れてくる。
次第に体全体で反応し、エロい声を出しながら感じてくれているようだった。
そして攻守交替。先程の攻めたときの満足感そのままに、ローションを使った手コキや素股を使ったテクニックで絶頂に達することができた。
行為が終わった後は、シャワーを浴び着替えながら女の子と雑談。
写真から派手に見られがちだが、
本当は料理の専門学校に通っているなど家庭的な一面があるということ。
初対面で感じた写真のイメージよりもおしとやかに感じられたのは、このようなバックボーンがあるからなのだと強く感じた。

錦糸町の風俗は様々なタイプのお店があり、女の子も色々な子がいる。
いくつかの店に行って、良い女の子を見つけてみても良いだろう。
今回は少し高級な錦糸町の風俗を利用したのでお値段はそれなりだったが、満足度を考えればそこまで高いと思わない。
そして錦糸町のスパンキング風俗でも遊んでみたいと思っている。

関連記事

五反田スパンキング風俗とエロ動画と我慢

五反田スパンキング風俗と街の特徴

鶯谷スパンキング風俗と石鹸

五反田スパンキング風俗と憂鬱

大久保スパンキング風俗で思うこと

五反田スパンキング風俗と下着