風俗嬢の疲れが一番溜まる時間帯は?

新大久保など都内の風俗店

風俗店で女の子を指名するときにどの時間を設定するかはその人によって異なる。ただ多いのは夕飯を食べた後の時間帯。これは風俗でエッチな行為を行う前に体力を付けてからお店を訪れるという人が多いということがその理由。またあまり早い時間であるとムラムラする気持ちが盛り上がってこないという部分があり、遅すぎると今度は明日に仕事がある場合などに影響してくるという理由がある。そういったところからお昼すぎや夕飯後という時間帯を設定するという人が多いようだ。ただ女の子によってその時間帯はその日の中でちょうど折り返し位になることが多く、一番疲れていると言っても良い。特に出勤時は予約で一杯になるような人気嬢であれば、休みなく働いていることが多いためその傾向は顕著に現れてくる。また何回かプレイを行っているため体力が消耗し、まだ何人ものお客が残っているために精神的な余裕がない状況。それに訪れるお客はしっかりと腹ごしらえをした状態でお店に来ているが、それに対し風俗嬢は食事をせずに働き続けていることも少なくない。このような状況であるためあまり対応の良くない女の子の中には、露骨に不満な態度を表すという人も出てくる。それに体力があり常に良対応をしている女の子であっても、お客から攻めたときの反応や女の子から攻める際のテクニックなどがどうしても普段に比べて劣るものになってしまうだろう。このような要因があるために女の子の出勤情報を調べ、できる限り中間位となる時間帯の予約を避けるといった行動に出た方が良いと言えるのではないだろうか。

都内のホテヘルなどと比較

そのような傾向が特に強いのは本番・マットといったサービスを行うソープ。これはホテヘル・イメクラやデリヘルといった業種に比べ、心身的に疲労が溜まりやすいという理由があるから。またソープの場合は1回のサービスにつき、120分など長い時間に渡り展開される場合が多いということもそういった傾向に拍車をかけていると言えるだろう。場所では忙しい大久保・新宿といったところが挙げられる。

たしかに女の子にとって一番疲労が溜まっている時間帯はお客にとって一番気軽に利用できる時間帯だ。体力的にも一番調子が良く、オフの日に他の約束があったとしてもそれと連動して風俗を利用することができるというメリットもある。ただ風俗嬢にとって負担がかかる時間帯であり、それがサービスやプレイの中でも影響してくるという部分があるようだ。それだけに良いサービスを味わいたければ少し時間をずらし、またその時間を利用したときに女の子の様子を見て気を遣うという対応するといったことも必要かもしれない。

関連記事

NO IMAGE

すすきのニュークラブは退勤直前に

NO IMAGE

出勤後の風俗嬢と遊ぶ利点とは?